慶應志木会掲示板

慶應志木会に要望すること、皆様への
お知らせなど自由に掲載してください
画像も表示できます
◆投稿してもすぐには表示されません

なまえ
メールアドレス
タイトル
本文  アドレスをリンクする  〔 画像の添付と削除
パスワード     なまえ等を保存

101件中2130 (ページNo.3)      ホームページに戻る

「慶應志木の森」20周年に伴う写真提供のお願い 
「慶應志木の森」20周年記念事業実行委員会 2016/11/28(月) 12:24:07 No.20161128122407 返信 削除
 現在本校では、来年3月に予定されている記念式典に向けて記念誌の作成を進めており、掲載する写真の選定を進めております。
 つきましては、お手元に昔の「慶應志木の森」・志木の森ツアーに関する写真がございましたら、本校までご提供頂けますと幸いです(12月末日までに、郵送の場合は本校「慶應志木の森」20周年記念事業実行委員会宛までお送り下さい。メール添付の場合は、10MB程度にデータを縮小して頂いた上で、 forest20@shiki.keio.ac.jp までお送り下さい)。
 ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

池田 卓也(志木高教諭)

第42回枇杷の会、紅葉の鎌倉奥座敷、二階堂界隈句会のご案内 
深瀬啓司(15期) 2016/10/1(土) 09:51:31 No.20161001095131 返信 削除
慶應志木会・枇杷の会の皆様!

爽やかな季節になりました。
今回は鎌倉の奥座敷、二階堂界隈です、大塔の宮、頼朝縁の永福寺、紅葉の瑞泉寺から虚子立子記念館を吟行しようと思います。
志木高では収穫祭も終わり、干し柿の季節、落ち着いて自然に触れる良い季節ではないでしょうか。
本井英先生もご参加して頂ける予定です。

多数の皆様のご参加をお願いします。

ご友人で俳句の経験のない方も見学でもお待ちしています。
前回もお2人新規でご参加頂けました。
一度誘って頂けませんか?

集合日時:平成28年12月3日(土)12:30〜
集合場所:JR鎌倉駅東口改札を出た処、
句会場 :鎌倉虚子立子記念館、15時00分投句締切 投句7句、
13:00〜16:30枇杷の会で予約してます
〒248-0002 鎌倉市二階堂231-1
Tel0467-61-2688

会  費:1千円

懇親会 :句会後に鎌倉駅の近辺を想定
(ご希望があればお願いします)

ご参加いただける方は、深瀬(発信メール、或いは携帯:090−9342−8475)または志木会事務局 竹内様(メールCC:にあり)まで

以上 枇杷の会幹事:深瀬啓司

第41回枇杷の会、池之端・旧岩崎邸庭園句会のご報告 
深瀬啓司(15期) 2016/6/9(木) 19:31:47 No.20160609193147 返信 削除
24,752バイト 20,162バイト
第41回枇杷の会は6月4日の午後、池之端から旧岩崎邸庭園を回りました。晴天に恵まれ蓮池からの風が心地よく吟行が出来ました。本井先生からは、読む人が俳句は味付する、作る人はそれを考えて素材を並べる、と教えて頂きました。今回初めての佐々木弘暢さん(9期)、原田薫さん(15期)が見学と現地案内を兼ねて参加して頂きました。有難うございます。この会は世代を超えて新しい友達が増える良い機会です。多数の皆様も参加をお願い致します。
当日の選句は次のとうりです。

(本井先生の選句)
・薫風が洋館ゆったり包み込み      善兵衛
・薫風やフランス窓をひらきたる      かおる
・木下闇より警備員出でにけり       孝治
・鍔広のサンバイザーや七変化       かおる
・湿りたる煉瓦の塀や梅雨間近か     善兵衛
・広縁に手足伸ばして夏座敷        一舟
・葉柳や昼から呑んでばかりゐて      かおる
・夏草を足に重たく歩みけり         孝治
・やはらかく池を来る風夏座敷       一舟
・緑陰を潜り玄関車寄せ           かおる
・戦災も耐えし館や棕櫚の花        一舟
・薫風に撞球室を開け放つ         かおる
・蓮池の蓮に乗ってる今日の風       孝治
・車寄せに真ん丸くあり青き芝       孝治
・大いなる闇の控へて七変化        かおる
・純白の百合の雌蕊が誘ひたる      善兵衛
・蝸牛吸ひついているボート小屋      一舟

(本井先生の句)
・列柱にひっからまって青嵐
・洋館をよろしと仰ぎ若葉風
 モッコク アルジ サハ
・木斛は和庭の主蕾多
・鷺苔も咲くよ岩崎邸の庭
・池中の蓮の動乱青嵐
           ア
・句仲間が露台に現れて睥睨す
チン
・亭ほどな大灯籠よ風薫る

(夏潮の掲載句)
・列柱にひっからまって青嵐          英
・新緑へ競って芽でる湖畔かな        弘暢
・おどろいたスズメ手に乗る池の端     薫風師
・蓮池の蓮に乗ってる今日の風       孝治
・湿りたる煉瓦の塀や梅雨間近か      善兵衛
・薫風やフランス窓をひらきたる        かおる
・汗かきて小道登れば美女柳         一舟

当日の写真も添付します。
ご協力有難う御座います。

次回は12月3日(土曜日)鎌倉の鎌倉宮、虚子・立子記念館界隈を吟行する予定です。
多数の皆様のご参加をお願い致します。


では 

第41回、志木会・枇杷の会、初夏の池之端〜旧岩崎庭園等句会のご案内 
深瀬啓司(15期) 2016/5/4(水) 13:15:26 No.20160504131526 返信 削除
慶應志木会・枇杷の会の皆様!

柿若葉が眩しい良い季節になりました。
今回は花菖蒲や青葉が豊な池之端から旧岩崎庭園界隈を吟行しようと思います。
本井英先生もご参加して頂ける予定です。

多数の皆様のご参加をお願いします。

ご友人で俳句の経験のない方も見学だけで結構です。
一度誘って頂けませんか?

集合日時:平成28年6月4日(土)13:00〜
集合場所:営団地下鉄千代田線湯島駅1番出口を上がった処、
句会場 :上野区民会館201会議室、15時30分締切 投句7句、
13時〜予約してます
〒110-0008 東京都台東区池之端1-1-12
Tel03-5815-8612

懇親会 :句会後に池之端の近辺を想定
(ご希望があれば言ってください)
会  費:1千円(会食費含む)

ご参加いただける方は、深瀬(発信メール、或いは携帯:090−9342−8475)または志木会事務局 竹内様(メールCC:にあり)まで

以上 枇杷の会幹事:深瀬啓司

チャリティーコンサート ご支援のお願い 
阿曽沼元博(20期) 2016/4/23(土) 10:50:18 No.20160423105018 返信 削除
がんの克服に向けてがん研究会有明病院は、日々、がん患者さんに高度で標準化された医療を提供しています。
がん患者さんが歌う春の第九」チャリティーコンサートでは、がん患者さん、キャンサーサバイバーとその家族及びがん医療に取り組む医療従事者が一つになって「第九」を合唱いたします。

あたたかなご支援を賜りますよう、ここにお願い申し上げます。詳細は下記ページをご参照ください。
http://www.jfcr.or.jp/dai9/greeting.html

TVにださせていただいています 
鈴木敏之(25期) 2016/3/19(土) 00:25:55 No.20160319002555 返信 削除
第25期の鈴木敏之と申します。経済、金融政策をみることを仕事にしています。

TVに出させていただきました。一部を次でご覧いただけます。
TV東京


http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/nms/feature/post_108170

3月13日(日)午前8時NHK「小さな旅」in真壁 
倉田伸二(亦楽会15期) 2016/3/4(金) 10:22:52 No.20160304102252 返信 削除
15期亦楽会の西岡勇治君の住む、町を挙げての雛祭りで有名な筑波山の麓真壁町が3月13日(日)朝8時から放映のNHK「小さな旅」で紹介されます。
西岡君の経営する創業230年を誇る酒蔵「西岡本店」も登場いたします。日曜日の早朝ですが是非ご覧ください。

TVにだせていただいています 
鈴木敏之 (25期) 2016/2/13(土) 16:15:37 No.20160213161537 返信 削除
第25期の鈴木敏之と申します。経済、金融政策をみることを仕事にしています。

TVに出させていただきました。一部を次でご覧いただけます。

NHK国際放送(一定期間経過すると、削除されます)

http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/news/features/update/movie201602121209.html


TV東京

http://www.tv-tokyo.co.jp/businessforum2016/index.html#news

第40回慶応志木会枇杷の会、三田寺町句会報告 
深瀬啓司(15期) 2015/12/1(火) 19:33:51 No.20151201193351 返信 削除
41,497バイト 53,199バイト
11月28日午後、久しぶりに雲一つない冬晴に恵まれ、泉岳寺から寺町、大使館筋を通り潮見坂、幽霊坂、蛇坂、三田山上を吟行しました。丁度三田の演説館が建築特別公開日でした。
演説館は1875年竣工し、震災や戦災にも耐えた和洋折衷の建物で、内部は座っていても先人の学問に対する息吹を感じました。吟行しながら「ブラタモリ」を楽しみました。
本井先生からは俳句はきっちり素直にリズム感良く作る、と教えて頂きました。
今回は大塚次郎さん(28期)に中等部の句会場手配その他でお世話になりました。
写真は湯浅善兵衛さん(31期)が写されました。
有難うございます。
では当日の選句をご紹介します。

本井先生の御句
・演説館の白き窓枠冬の蠅
・色も濃う鞣しあげたる蔦紅葉
・石蕗の花浪士と呼ばず義士と呼び
・葉のギザの失せにける柊の花
・卵塔をみしと寄せあり冬の草
・冬空の真青幽霊坂の上
・香絶えぬことで名所冬日和

本井先生の選句
・御手洗を束子で擦る神の留守    かおる
・中等部の子のみな細し冬木の芽   洋太
・亀塚の十坪程なる冬日向      孝治
・首洗ひ井戸の丸さや神の留守    洋太
・落葉降る水琴窟を聴きをれば    洋太
・冬晴や線香絶えぬ義士の墓    貴聖
・演説館眠らせるべく銀杏散る    次郎
・登り坂近づく冬の青き空      伸次
・ビル谷間静寂ありて冬木立     善兵衛
・プラタナス枯葉を通る日の光    貴聖
・色付きてなお稚く実千両      かおる
・冬の日の三田山上の午後三時    孝治
・オレンジのアロエの花の咲いてをり 貴聖
・やはらかく老松包む冬日かな    次郎
・団子屋ののれん新し冬晴るる    善兵衛
・聖坂冬の陽を背に吟行す      伸次
・義士墓のすべてに香や冬ぬくし   洋太
・寒椿ペンキぬりたてより淡く    貴聖
・モッコクの実の割れて朱の見えてをり善兵衛
・神迎ふ如しおほきく銀杏立つ    洋太

次回予定、 2016年6月4日(土)(池之端旧岩崎邸近辺)、
次々回予定 2016年12月3日(土)(鎌倉界隈)

多数の皆様の参加をお願い致します。
以上、枇杷の会幹事 深瀬

慶應志木会・歩こう会<等々力短信 第1076号 2015.10.25.> 
馬場紘二(10期) 2015/10/25(日) 07:11:10 No.20151025071110 返信 削除
 慶應志木会・歩こう会<等々力短信 第1076号 2015.10.25.>

17日、万歩計は23,272歩を記録していた。 慶應義塾志木高校の同窓会「志
木会」の「歩こう会」があって、日本橋から築地鉄砲洲の慶應義塾発祥の地、
最後は越中島・東京海洋大学構内の明治丸まで、歩いたからだ。 「ご家族の
参加も大歓迎」というので、2004年の「秋の小江戸・川越」から、家内も一緒
に参加させて頂き、2005年「谷根千」、2007年「青梅・吉野梅郷」、2010年「港
区東部の史跡巡り」、2013年「東京駅・丸の内界隈」、2014年「早稲田から神
楽坂」と、毎回、楽しい一日を満喫している。

今回も35期(私の10期が卒業50年の時、25年で一緒に志木高へホームカ
ミングした)の幹事、大澤宏樹さんの名ガイドだった。 綿密な下調べに下見
も十分、随所で「豆知識」を披露してくれる。 日本橋三越ライオン前で集合、
午前10時開店とともに入り、佐藤玄々の天女像の下で採光天井を仰ぐと、パ
イプオルガンは「お江戸日本橋」の演奏を始めた。 三井本館、日本銀行と国
の重要文化財の建物を眺め、ぐるっと江戸通りに回り込む。 アーチ型の窓を
持つ鉄筋コンクリートの常盤小学校は、関東大震災後の復興小学校の一つだ。 
新日本橋から小伝馬町の十思公園、牢屋敷跡・吉田松陰終焉の地へ。 べった
ら市準備でずらっと提灯の並ぶ寶田恵比寿神社、働き者の女中・於竹大日如来
井戸跡を通り、再び新開発の日本橋へ戻り福徳神社、COREDOのオリンピッ
クPR映像の下を直進し、天丼・金子半之助の行列を覗いて、日本橋を渡る。

屋上の船のブリッジのデザインが特徴の、江戸橋南の三菱倉庫日本橋ダイア
ビルディングを、メンバーの12期・池崎秀四郎さんの案内で見学。 明治9
(1876)年、岩崎弥太郎がここに蔵所を開設、倉庫業を営んだのにさかのぼる
という。 兜神社、渋沢栄一邸跡の日証館の前から、東京証券取引所の裏の道
を、明治6(1873)年第一国立銀行(現・みずほ銀行兜町支店)銀行発祥の地、
同年創立の阪本小学校の前をまっすぐに、京橋から銀座1丁目、昼食の銀座長
寿庵に着いた頃には、ずいぶん皆くたびれた。

 創業80周年、元祖・鴨せいろの銀座長寿庵は、36期天野徳雄さんのお店だ。 
乾杯をして、茗荷のおひたし、前菜は有明海産生くらげの酢の物、富山産白海
老の唐揚げ、小田原鈴廣の板わさ、蕎麦屋の玉子焼。 天婦羅は車海老、秋田
白神山地特産あわび茸(烏賊の食感)、舞茸、蓮根。 締めは、元祖・鴨せいろ。 
どれも美味だった。

 築地本願寺は日本大学歯学部が献体の法要中だった。 慶應義塾発祥の地、
聖路加など築地居留地跡のあれこれを見て、佃大橋を渡り佃島、住吉神社から
月島、名物ひさご家阿部のレバーフライ、相生橋を渡って、終点の明治丸に着
く。 なぜ明治丸か、聖路加のトライスラー記念館と共に、塗装を案内役の大
澤塗装が担っていた。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
ブログ「轟亭の小人閑居日記」URL :  http://kbaba.asablo.jp/blog
--------------------------------------------------------------------------------------------------


[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ]  次へ

管理〔0〕 MiniBBS