慶應志木会掲示板

慶應志木会に要望すること、皆様への
お知らせなど自由に掲載してください
画像も表示できます
◆投稿してもすぐには表示されません

なまえ
メールアドレス
タイトル
本文  アドレスをリンクする  〔 画像の添付と削除
パスワード     なまえ等を保存

101件中3140 (ページNo.4)      ホームページに戻る

第40回枇杷の会、晩秋の高輪泉岳寺から三田寺町句会のご案内 
深瀬啓司(15期) 2015/10/15(木) 20:27:41 No.20151015202741 返信 削除
慶應志木会・枇杷の会の皆様

巨大台風も去り、爽やかな風が吹く良い季節になりました。
今回は晩秋の高輪泉岳寺、魚籃坂、三田寺町から大学キャンパスを吟行しようと思います。
句会は大塚次郎さん(28期)のご厚意で慶應中等部の予定です。
(めったにないチャンスです。)
11月下旬の志木高では収穫祭も済み、干し柿が甘く熟す時期、
ゆっくり自然に触れ合う良い機会ではないでしょうか。
泉岳寺から大学までの経路を歩きます、周辺地域案内のブログをご覧ください。
http://guiter.cocolog-nifty.com/bare/2014/12/no052-790a.html

本井英先生もご参加頂ける予定です。

多数の皆様のご参加をお願いします。

ご友人で俳句の経験のない方も見学だけで結構です。
一度誘って頂けませんか?
(今年7月の志木会報に倉田さん(15期)が「枇杷の会へのお誘い、吟行こと始め」の記事を載せられました、これもご利用ください。)

集合日時:平成27年11月28日(土)13:00〜
集合場所:都営地下鉄浅草線泉岳寺駅A2出口、
句  会:16時〜 (慶應中等部ポプラ館分割教室A、16時締切 7句)
懇親会 :句会後に三田仲通り近辺を想定
(ご希望があれば言ってください)
会  費:1千円(会食費含む)

ご参加いただける方は、深瀬(発信メール、或いは携帯:090−9342−8475)または志木会事務局 竹内様(メールCC:にあり)まで

以上 深瀬啓司

個展CRYING DANCE 
八木登 2015/8/21(金) 14:11:17 No.20150821143329 返信 削除
20期の八木です。5月の千駄木に引き続き、松見坂にあるバーテルチで、9月に個展をします。
9月1日ー17日
バーテルチ:目黒区駒場1−16−12 03-3466-0077
渋谷駅西口より東急バス渋51または渋52で10分ほど。松見坂下下車。
午前11時より深夜まで

1.  八木 登     2015/8/21(金) 14:33:29 No.20150821143329-1 削除
55,313バイト



初夏の枇杷の会、湯島聖堂・神田明神・ニコライ堂句会のご報告 
深瀬啓司(15期) 2015/5/26(火) 20:45:13 No.20150526204513 返信 削除
48,117バイト 39,118バイト
51,796バイト
志木会会会員の皆様

5月23日(土)の午後、天気の恵まれ、夏風が心地よい、日本文化の史跡、湯島聖堂、神田明神そして神田ニコライ堂を小川洋さん(25期)のご案内で吟行いたしました。
本井先生からは、季題が効く句を、写生に拘り素直に冒頓に作る、
技巧に走らない、上手く作ろうとすると嫌味になる・・・。
その他色々と教えて頂きました。
湯浅善兵衛さん(31期)が撮られた写真を添付します。
内容は次のとうりです。




(本井先生の選句)
・まだ小さき実梅に触れてみたりけり 孝治
・立ちしまま神馬の眠る五月晴    洋太 
・見上げれば楷の木高く空隠す    伸次
・紋様を日に透かしたり夏の蝶    孝治
・楷新樹優し孔子の笑みほどに    次郎
・お茶の葉の一針二葉にがき味    伸次
・新緑の楷の懐抱かれし       善兵衛
・入徳門涼しき風を呼び寄せぬ    伸次
・夏めきし明神下の小料理屋     善兵衛
・聖橋よりの薫風楷大樹       一舟
・紫陽花を生けた聖堂事務所かな   一舟
・銅像に覆ひ被さる大夏木      孝治
・平次碑の脇八五郎躑躅咲く     善兵衛
・咲き残る躑躅の蕊の太さかな    洋太
・ニコライの聖堂包み風薫る     善兵衛
・紫紺なる奉納幟若葉風       孝治
・黒光りして千貫の大神輿      洋太
・夏めきし明神下の今昔       善兵衛


(本井先生の句)
・東京の空なほ広し楷は実に
・坂も路地も神田したしや風薫る
・学すなはち徳たることを楷若葉
・ほの暗くイコンを照らす燭涼し
・藤棚がつくる緑陰タクシー駐め
・楷新樹中華侮るべからずと
   ョ
・丘に招ぎし摂社末社や風薫る

皆様のお陰様で句会と歓談を楽しむ事が出来ました。
有難う御座います。

次回は11月28日(土)、三田祭も終わり晩秋の落ち着いた三田の山界隈を吟行し、句会場は中等部或いは万来舎を予定しています、
多数の会員の皆様の参加をお願いいたします。


では 

第39回春の志木会枇杷の会;湯島聖堂・神田界隈句会のご案内 
深瀬啓司「15期) 2015/3/29(日) 10:23:51 No.20150329102351 返信 削除
慶應志木会・枇杷の会の皆様

週末の関東では桜が五分咲き、春の爽やかな風が吹き出しました。
今回は小川洋さん(25期)のご厚意で、湯島聖堂、神田明神他、御茶ノ水、神田界隈を吟行しようと思います。
5月下旬の志木高では松永安左右衛門君像の後ろの「枇杷」がたわわに実る時期、
ゆっくり落ち着いて自然に触れ合う良い機会ではないでしょうか。
静かな古い学生町、神田・御茶ノ水界隈散策も日頃の繁忙を忘れて良いのではないでしょうか。
本井英先生もご参加頂ける予定です。

多数の皆様のご参加をお願いします。

ご友人で俳句の経験のない方も見学だけで結構です。
一度誘って頂けませんか?

集合日時:平成27年5月23日(土)12:00〜
集合場所:JR中央線御茶ノ水駅下車新宿寄りの改札口、
句  会:15時〜 (神田淡路町、小川さんの会社の会議室)
懇親会 :句会後に神田淡路町近辺を想定
会  費:1千円(会食費含む)

ご参加いただける方は、深瀬(発信メール、或いは携帯:090−9342−8475)または志木会事務局 竹内様(メールCC:にあり)まで

以上 深瀬啓司

個展のお知らせ 
17期 吉川 潔 2014/9/17(水) 20:17:09 No.20150321105524 返信 削除
81,089バイト 81,457バイト
84,013バイト 72,695バイト
コスモスが花盛りの国営昭和記念公園で個展を開きます。
秋の散歩のついでにギャラリーに寄ってください。

木彫作品をメインに陶彫・人形・平面作品とおよそ60点の展示。

会期:10月16日(木)〜31日(金) 9:30〜17:00
                 会期中無休・入場無料
会場:国営昭和記念公園 花みどり文化センター ギャラリー1.
     JR立川駅寄りの曙口から入った無料ゾーンの中
   問い合わせ先 TEL 042−526−8787
ワークショップ:
 ★ 木でマリオネット作り 参加費1500円
               小学生以上大人まで(幼児は大人付き添い)
     10月18日(土)10:00〜12:00
              14:00〜16:00
        申し込み先 TEL 042−526−8787
 ★ コルク粘土で作るストラップ&キーホルダー 
                 参加費300円
       10〜30分程度で完成します。
     10月20日(日)随時
     10月26日(日)随時
  
  よろしくお願いします。   
                 アトリエ・パネンカ主宰
                 大阪芸術大学客員教授
                 造形美術家・画家
                    吉川 潔  
 

1.  岡田圀孝     2015/3/21(土) 10:55:24 No.20150321105524-1 削除
パレットの岡田です。君が志木高の後輩だとは知らなかった。
急に親近感が湧いてくるから不思議だ。

「直立二足歩行のナイスウォーク展」のお知らせ 
八木 登(20期) 2015/3/20(金) 13:47:52 No.20150320134752 返信 削除
27,357バイト
下記のように個展を開催します。


日時:平成27年5月11日(月)〜17日(日)
時間:11:00〜19:00 17:00から毎晩レセプション開催 場所:STOODIO SENDAGI 東京都文京区千駄木2−44−5
    東京メトロ千代田線千駄木駅 団子坂下出口徒歩3分

下記のページをご参照ください。
http://www.keio-shikikai.jp/MM/images/20150511_20ki_yagi.pdf

日吉地下壕の展覧会のお知らせ 
千葉 毅(2003年卒) 2015/2/23(月) 00:27:21 No.20150223002721 返信 削除
41,536バイト
神奈川県立歴史博物館で考古学担当の学芸員をしております千葉毅と申します。
(志木高では器楽部に所属していました)
現在、当館では日吉キャンパス一帯に存在する、太平洋戦争期の旧海軍施設を扱った展覧会「陸にあがった海軍―連合艦隊司令部日吉地下壕からみた太平洋戦争―」を開催中です。
http://ch.kanagawa-museum.jp/tenji/toku/toku.html

会期は3月22日まで、月曜は休館です。
入館料は大人900円ですが、事前に私宛てメールをいただけましたら招待券もご用意いたしますので、お気軽にご連絡ください。
先日は慶應のウェブでも紹介していただきました。
http://www.keio.ac.jp/ja/news/2014/osa3qr000000kw91.html

ご来館を楽しみにお待ちしております。

競走部OB会のお知らせ 
澤田尚史(競走部OB) 2015/1/16(金) 14:35:52 No.20150116143552 返信 削除
競走部では、3月7日にOB会を開催します。

日時:平成27年3月7日(土) 12:00〜15:00

場所:東京三田倶楽部(帝国ホテル地下1階)
  〒100-0011東京都千代田区内幸町1-1-1 電話 03-3591-4228 FAX03-3501-2877

会費:¥8,000  学生 ¥5,000 

申し込みは、手配の関係で2月10日までにお願いします。
恐縮ですが会費は2月27日迄にお振り込み下さい。

振込口座:三井住友銀行 三田通支店 普通8235992
口座名称:慶應義塾志木高等学校競走部OB会 会計 澤田尚史(タカシ)

    慶應義塾志木高等学校競走部OB会
    会長 木村寿
    幹事 山本秀巳、小森雅裕、細田正典、澤田尚史

    連絡先: 慶應志木会事務局 info@keio-shikikai,jp

*現役競走部の活動に対してのご寄付を歓迎しております。


「志木歩こう会」「早稲田から神楽坂へ」 
馬場紘二(10期) 2014/11/4(火) 18:19:11 No.20141104181911 返信 削除
深瀬啓司さんに「枇杷の会」金沢八景吟行のブログをご紹介いただきましたので、その前に書いた「志木歩こう会」のブログも宣伝させてもらいます。 10月4日に「早稲田から神楽坂へ」が開催されました。 「志木歩こう会」は、毎回素晴らしい企画をして下さって、とても楽しい会なのに、参加者が少なく、ちょっと残念に思っています。 積極的な参加をおすすめします。
「志木歩こう会」で早稲田へ<小人閑居日記 2014.10.27.>
http://kbaba.asablo.jp/blog/2014/10/27/7475050
漱石のゆかりの町から神楽坂へ<小人閑居日記 2014.10.28.>
http://kbaba.asablo.jp/blog/2014/10/28/7475901

「枇杷の会」吟行で帝国憲法草創の地へ 
深瀬啓司(15期) 2014/11/2(日) 20:47:12 No.20141102204712 返信 削除
34,512バイト 29,859バイト
24,881バイト
志木高OBの馬場紘二さん(10期)がご自分のブログ、轟亭小人閑居日記に
@「枇杷の会」吟行で帝国憲法草創の地へ<小人閑居日記2014.10.29.>
A初めて金沢文庫・称名寺を訪う<小人閑居日記 2014.10.30.>
B、「枇杷の会」金沢八景吟行句会<小人閑居日記 2014.10.31.>
掲載されました。以下から参照できます。

http://kbaba.asablo.jp/blog/?offset=5


ご了解を得て一部を掲載します。
ご参考までに。

 
25日は、慶應志木高の同窓会「志木会」の俳句の会「枇杷の会」の金沢八景 吟行に参加させてもらった。 半世紀以上前に、志木に学んだご縁の有難さは、 計り知れない。 「枇杷の会」も、「志木歩こう会」同様、とてもよい会で、幹 事さんが毎回苦心の企
画をして、本井英先生が熱心に指導して下さるのに、参 加者の少ないのが、まことに残念で、いつももったいないと思っている。
 午前11時に、京浜急行金沢八景駅で集合、本井英先生と幹事の深瀬一舟さ ん(5期下)始め、不在投句を含め、7人の参加だった。 徒歩3分の横浜シ ーサイドライン金沢八景駅から、つぎの野島公園駅へ行く。 秋晴れ、高架の 新交通システムからの海と街の景色は、解放的で実に素晴らしい。 駅を降り てすぐの、鯊の魚影濃い野島橋を渡ると、乙舳(おっとも)町という住宅街で、 その先の島半分が東京湾に面した野島公園だ。
 野球場の奥、海に向かって旧伊藤博文金沢別邸がある。 明治期、富岡など の金沢近辺は東京近辺の海浜別荘地として注目され、初代内閣総理大臣を務め た伊藤博文は明治31(1898)年茅葺寄棟屋根の田舎風海浜別荘を建てた。 平 成18(2006)年11月横浜市指定有形文化財に指定され、解体・調査を経て、 平成21(2009)年10月に創建当時の姿に復元されている。 自由に見学でき るので、上って客間・帰帆の間に座ると、姿のよい松越しに、海苔篊(ひび・ 竹に洪)の先に東京湾が広がり、対岸は八景島、右手にはヨットや大型船の往 来が見える。 まことに気持の良い景色だ。
 当日朝、「等々力短信」第1064号に「「明治14年の政変」の共同研究を」を 発信してきた私は、伊藤博文別邸に強い偶然を感じた。 金沢近辺は大日本帝 国憲法草案づくりの地である。 さっそく<帝国憲法起草の間から秋の海>と いう句が浮んだけれど、この別邸は明治31(1898)年の建築だという。 明 治20(1887)年の6月4日から9月初旬まで、伊藤博文の夏島別荘(大正時 代に埋め立てられて、島ではなく、半島の一部なっている。現、横須賀市夏島 町)と金沢の料理旅館・東屋(あずまや)を舞台に、伊藤、井上毅、伊東巳代 治、金子堅太郎らが、憲法の草案をつくった。 夏島の別荘には伊藤だけが寝 起きし、伊東と金子は事務所のように使っていた東屋から通い、井上は野島館 から小舟で通ったそうだ。 以前、野島の伊藤別邸に建っていた「憲法草創の 処」(金子堅太郎)の碑は、洲崎町の洲崎交差点近くの東屋跡地付近に移設され たという。 大日本帝国憲法は、明治22(1889)年2月11日に欽定憲法とし て発布された。

尚、掲載の写真3枚は湯浅善兵衛さん(31期)からのモノです。

では


[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ]  次へ

管理〔0〕 MiniBBS