慶應志木会掲示板

慶應志木会に要望すること、皆様への
お知らせなど自由に掲載してください
画像も表示できます
◆投稿してもすぐには表示されません

なまえ
メールアドレス
タイトル
本文  アドレスをリンクする  〔 画像の添付と削除
パスワード     なまえ等を保存

101件中4150 (ページNo.5)      ホームページに戻る

第38回枇杷の会金沢八景句会のご報告 
15期 深瀬啓司 2014/10/26(日) 16:39:26 No.20141026163926 返信 削除
32,652バイト 32,335バイト
22,665バイト
慶應志木会・枇杷の会の皆様


 志木高では収穫祭、志木柿が実を熟す頃でしょうか?
10月25日、晴天に恵まれ、横浜・金沢八景の野島山、旧伊藤博文公別邸、そしての称名寺を吟行いたしました。
川底には鯊の大群が遊弋し、渚には新海苔が穫れ、心地よい風に吹かれました、称名寺では赤門、仁王門に続き太鼓橋、立派な庭と流石
北条氏の名刹と聞いて納得しました。
本井さんからは季題観察と俳句が上達するツボを教えて頂きました。
塩川さん(23期)には地元のご案内その他でお世話になりました。
有難うございます。
当日の写真を数枚添付します。

では本井さんの選句をご紹介します。

・木の実落つ剥落多き仁王門        洋太
・手入れよき松の枝先ヨットの帆      紘二
・磯の香に迎へられたり島は秋       孝治
・反橋と平橋並び寺の秋           一舟
・海風に秋明菊の揺れ幽か         紘二
・廟守る孔子木未だ薄紅葉         善兵衛
・船溜まり抜けて八景鯊日和         一舟
・石蕗咲くや別邸海に向かひけり      孝治
・潮の香や乙舳(おっとも)町の秋の晴   紘二
・色変へぬ松のあはひを海の風       洋太
・船宿に干さるる布巾天高し        洋太
・広重の描きし橋を雁の頃         洋太
・中世の隧道閉まりてやや寒し       善兵衛
・新海苔篊通ふ舟より波の寄せ       紘二
・海釣りの自慢話に秋潮の香        伸次
・海風に秋明菊の花揺れて         孝治
 

<本井さんの作品> 
・石蕗の蕾のこつんこつんかな
・太鼓橋に登り見廻し寺の秋
・楷もまた薄黄葉せるもののうち
・鯊客に東京湾もここら澄み
・新海苔のはじまってゐる篊(ヒビ)美し
・色変へぬ松龍鱗もほつれなく
・秋声や文庫ヶ谷(ヤツ)と呼ぶはここ

次回予定、 平成27年5月23日(土)12時頃〜躑躅、花水木、紫陽花が見頃の本郷の根津神社、旧岩崎邸その他を廻る予定です。
次々回予定 平成27年11月28日(土)(場所は未定)

多数の皆さまのご参加、宜しくお願い致します。

枇杷の会幹事  

行秋の枇杷の会、金沢八景句会のお誘い 
15期深瀬啓司 2014/9/8(月) 20:24:43 No.20140908202443 返信 削除
慶應志木会の皆様

猛暑も去り、秋の爽やかな風が吹き出しました。
第38回は塩川孝治様(23期)のご厚意で、横浜、金沢八景の野島公園、伊藤博文公別邸から称名寺近辺を吟行しようと思います。
志木高では収穫祭で志木柿が色付く頃、落ち着いて自然に触れ合う良い機会ではないでしょうか
秋の静かな海浜散策も日頃の繁忙を忘れて良いと思います。

多数の皆様のご参加をお願いします。

ご友人で俳句の経験のない方も見学だけで結構です。
一度誘って頂けませんか?
本井英先生が優しくご指導して頂けます。

集合日時:平成25年10月25日(土)11:00(何時もより1H早いスタートです)
集合場所:京浜急行線金沢八景駅下車改札口、
句  会:15時〜 (横浜市富岡並木センターのお座敷)
会  費:1千円(会食費含む)

ご参加いただける方は、深瀬(携帯:090−9342−8475)または志木会事務局まで


塩川様が作られた当日のプログラムは次のとうりです。
京浜急行金沢八景駅集合 11:00
シーサイドラインにて野島公園駅着11:10
〜伊藤博文別邸ほか島内吟行
野島公園駅発12:40

シーサイドラインにて海の公園柴口着12:50 徒歩10分
称名寺着13:00
〜境内を吟行して14:30発  徒歩10分
海の公園柴口駅発14:40

シーサイドラインで並木中央口駅着14:50 徒歩10分
句会場「横浜市富岡並木地区センター」着15:00

〜句会  15:00〜17:00

以上 深瀬啓司

初夏の枇杷の会水元公園句会報告 
15期深瀬啓司 2014/6/1(日) 13:09:31 No.20140601130931 返信 削除
41,795バイト
慶應志木会・枇杷の会の皆様


 志木では枇杷の木が実をつけだす頃でしょうか?
5月24日、初夏の晴天に恵まれ、葛飾の水元公園で第38回目の吟行をしました。
6月の花菖蒲祭りを前に花は莟が色付き、川風に心地よく吹かれていました。
英先生からは季題観察と俳句が上達するコツを教えて頂きました。
当日の写真を添付します。

それでは英先生の選句をご紹介します。
・ささささとポプラ若葉の囁けり  孝治
・ゆったりと手足伸ばして夏座敷  啓司
・糸とんぼ蛍光塗料滴らせ     次郎
・緑陰は釣のスポット風通る    啓司
・萍を突き動かせる何か居り    次郎
・紫の深さ明るさ花菖蒲      孝治
・花菖蒲生けて池辺の事務所かな  啓司
・大江戸を偲ばする色花菖蒲    孝治
・菖蒲田の花はちらほら風渡る   啓司
・うねりつつ戻りつつ蒲揺るるかな 孝治
・夏柳風に押されて陰広し     伸次
・大犬の繋がれている木下闇    洋太
・夏座敷隅から隅に風通る     啓司
・カップルの女は胡坐園薄暑    次郎

 
<英先生の作品> 
・川風に葭が騒げば葭雀
・菱若葉ふきよせられて幾座なす
・花菖蒲の莟のみしと割れて色
・吹きあぐる風に応へて花棟
・波だてば覆へるあり菱若葉
・葭原に榛が生ひそめ葭雀
・蛇苺すこし歪んでやや大き
                           
次回予定、 平成26年10月25日(土)12:00 
横浜の金沢八景

 多数の皆さまのご参加、宜しくお願い致します。


では

志木会・枇杷の会の俳句へのお誘い  
15期、深瀬啓司 2014/4/3(木) 08:52:44 No.20140403085244 返信 削除
慶應志木会の皆様

桜咲き鶯鳴いて日本列島春爛漫、良い季節になりました。
俳句の会へのお誘いです。
今回は葛飾水元公園で初夏の広々とした池やセコイアの森、
菖蒲も盛りの庭園を吟行しようと思います。
大岡越前の縛られ地蔵や業平ゆかりの寺もあり、
楽しめます。
多数の皆様のご参加をお願いします。

吟行場所:葛飾水元公園
日時:5月24日(土) 12時
集合場所:JR常磐線金町駅改札口 
投句締切:14時半〜 (川を見渡す涼亭の座敷で 句会後、歓談を予定しています。)
会   費:1千円(会食費含む)
水元公園のブログ添付
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/outline041.html


俳句の経験のない方も大歓迎です。

ご参加いただける方は、志木会事務局 竹内様まで。

深瀬啓司

軟式野球の記事 
柴本 肇 2013/12/20(金) 13:21:31 No.20131220132131 返信 削除
28期の柴本と申します。2年時に軟式野球同好会を立ち上げたのが
思い出されました。覚醒の感がありますね・・・嬉しい限りです。
未だに草野球を現役及びボランティアで審判もやっています。
又、ゆっくり投稿致します。

枇杷の会皇居東御苑句会 
15期深瀬啓司 2013/12/7(土) 20:15:42 No.20131207201542 返信 削除
35,565バイト
11月30日、穏かな冬空の下、皇居東御苑で第36回の吟行を行いました。
平川門で集合し、冬紅葉が散る二の丸、冬桜や石蕗の花が盛りの本丸、笙の音色が聞こえる楽堂と季題は豊富でした。
御苑の御巡りさんによれば、最近では珍しい快晴で今日だけで2万人位、マラソンランナーも含めて集うそうです。
本井先生からは「森羅万象」、「山川草木」、「花鳥諷詠」、自然と共生、小鳥の姿も目にする時期で季題観察と俳句が上達するコツを教えて頂きました。
当日の写真を3枚添付します。

それでは本井先生の選句をご紹介します。
冬の日を透かしていろはもみじかな 善兵衛
はとバスの黄色が集う冬並木    啓司
  白鳥を待つ濠静か人寄らず     伸次
  楽堂は花弁のかたち冬うらら    洋太
  板戸にも冬日かかりし番所かな   善兵衛
  石垣の稜角の先櫨紅葉       孝治
天主台空広がりて冬温し      啓司
照紅葉陰に廻りて静かなる     孝治
鮮やかなムラサキシキブ葉は黄色  貴聖
  万両の実を掌で包みたる      善兵衛
城壁の積み美しく冬の空      啓司
冬紅葉三三五五と人の居て     孝治
寒椿赫しかつては不浄門      洋太
  冬桜花びらに空溶け込みて     善兵衛
水尾引いて平川濠に鴨三羽     孝治
  冬の芽を探して歩く梅林坂     伸次
  神還る日の青空を飛行船      洋太
  江戸城に梅見坂とよ落葉掃く    啓司
  

<本井先生の作品> 
  四百万石の本丸芝枯るる
石組の滝とも見ゆれ石蕗の花
江戸城に濠の幾面ラ浮寝鳥
尉鶲のすこし痩せぎす雌ならめ
地へ降りて枝へ戻りて山雀は
山茶花や楽部書陵部あひ隣り
       十一(さむらひ)の三十日(みそか)こよなく晴れわたり

                           
次回予定、 平成26年 5月24日(土)12:00〜葛飾の水元公園
次次回予定、平成26年10月25日(土)午後  場所未定
  多数の皆さまのご参加、宜しくお願い致します。

枇杷の会幹事 深瀬啓司

では

秋の志木会・枇杷の会のお知らせ 
15期 深瀬啓司 2013/9/29(日) 16:56:20 No.20130929165620 返信 削除
慶應志木会・枇杷の会の皆様

猛暑が去り、秋分の日を境に日本列島も涼しくなりました。

枇杷の会幹事をさせて頂きます15期、深瀬啓司です。
今回は近場で皇居・旧江戸城の東御苑から北の丸近辺を吟行しようと思います。
志木会大会も済み、落ち着いて自然に触れ合う良い機会ではないでしょうか
冬支度前の皇居庭園も見頃でしょう。

多数の皆様のご参加をお願いします。

ご友人で俳句の経験のない方も見学だけで結構です。
一度誘って頂けませんか?

集合日時:平成25年11月30日(土)12:00
集合場所:営団地下鉄、竹橋駅下車2番出口から、皇居の平河門(俗名お局門)前
句  会:14時半〜 (竹橋、毎日新聞のあるパレスサイドビル内B1の蕎麦屋まる竹)
      句会後、歓談の席を用意しています。
会  費:1千円(会食費含む)

ご参加いただける方は、志木会事務局 竹内様まで

お気をつけ下さい!! 
慶應志木会事務局 2013/8/7(水) 14:29:37 No.20130807142937 返信 削除
30期の方からご連絡いただきました。

同期の間で立て続けに3名、振り込み詐欺の電話を各実家で受けました。
各実家へのアプローチでしたので、志木高時代の名簿が使われたことが危惧されます(同窓会名簿ではなく)

手口としては「会社の金を経理の人間と結託して使い込んだので、穴埋めのために金を送ってくれ」というものです。

幸い、今まで、各家族が適切に対応したため、被害は出ていません。

第35回枇杷の会(西新井大師吟行会)報告 
第31期 湯浅善衛 2013/4/30(火) 23:53:07 No.20130430235307 返信 削除
45,372バイト 64,317バイト
72,923バイト
4月28日、青空の下、西新井大師で第35回の吟行を行いました。
今回は15期の倉田伸二氏が初参加して下さいました。
ゴールデンウィークの最中で、丁度不動尊のご縁日にもあたり、屋台も並んで賑わっていました。
まずは、無人駅の大師前駅からスタートし、句会場として借りる角の武蔵屋を曲がって、表参道を進むとまめ屋や煎餅屋、山門手前の中田屋と清水屋は草だんごの呼び込みを競っていました。
西新井大師はご存じの方も多いと思いますが、関東厄除け三大師の一つに数えられ、826年弘法大師によって開創されたそうです。
境内では花まつりが開催され、牡丹の盛りは少し過ぎたものの、芍薬の香りが立ち込め、樹齢700年の藤棚は休憩の方々の日除けとなっていました。
因みに名物の牡丹は百品種、三千五百株もあるそうです。

それでは英先生の選句をご紹介します。
  芍薬の珠の濡れをり香の濃き   善兵衛
  藤棚の真ん中にゐる昏さかな   洋太
  暮の春おどり教場は大師裏    啓司
  芍薬の脇の麗人談笑す      善兵衛
  鯉のぼり家族そろって背泳ぎに  貴聖
  うららかや子供五人の太鼓ショー 洋太
  心地好い風を孕みし鯉幟     孝治
  本堂のガラスに映る新樹かな   紘二
  編笠の大師と春を惜しみけり   洋太
  樟若葉下に鳥塚木遣塚      紘二
  山門の奥の明るき花まつり    洋太
  西新井木陰の牡丹の咲き残る   善兵衛
  空に舞う幟を上げし強き風    伸次
  蓬餅声張り上げて売られけり   洋太
  江戸文化創業といふ草だんご   紘二
  藤の寺ドドンと響く稚児太鼓   啓司
  大師さん今が盛りの牡丹園    伸次
  隆と建つ大師本堂藤豊か     啓司
  木下闇大師に古りし女人堂    洋太
  若葉風乗って門前市の声     孝治

<英先生の作品> 
  惜春や一ト駅だけの大師線
  芍薬の蕾こつんと花いまだ
  午過ぎてよく泳ぐなり五月鯉
  車椅子の脇にかゞみて牡丹見る
  藤浪へ抱き上げられて手の届く
  歌謡ショーの声とどきくる牡丹園
  卒塔婆を担げて牡丹園抜ける
                          以上 

第35回枇杷の会(西新井大師吟行)のお誘い 
31期湯浅善衛 2013/2/2(土) 22:03:40 No.20130202220340 返信 削除
まだ寒暖の波はありますが、暦の上ではもう春です。
志木会の支援をいただいて、枇杷の会で久しぶりに吟行会を開きます。
今回は関東三大師の一つ、足立区西新井大師の境内と門前を吟行します。
厄除けや家内安全の祈願後は、境内の露店や門前の草団子、変わり種の豆菓子のお店等誘惑がいっぱいです。
ちょうどぼたん園も見頃でしょう。

俳句の経験のない方も見学だけで結構です。
一度参加してみませんか?

集合日時:平成25年4月28日(日)12:00
集合場所:東武鉄道大師線 大師前駅改札口前
句  会:14時〜 門前の老舗割烹「武蔵屋」にて
      句会後、会席弁当も用意しております。
会  費:1千円(会食費含む)

季寄せ(歳時記)はこちらで用意いたします。
日曜日の開催としましたので、多くの方のご参加をお待ちしております。
参加いただける方は、志木会事務局 竹内さんまで


[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ]  次へ

管理〔0〕 MiniBBS