慶應志木会掲示板

慶應志木会に要望すること、皆様への
お知らせなど自由に掲載してください
画像も表示できます
◆投稿してもすぐには表示されません

なまえ
メールアドレス
タイトル
本文  アドレスをリンクする  〔 画像の添付と削除
パスワード     なまえ等を保存

101件中7180 (ページNo.8)      ホームページに戻る

拙著のお知らせ 
長谷川敦(24期)=筆名・三田完 2011/6/17(金) 13:31:41 No.20110617133141 返信 削除
26,553バイト
このたび文藝春秋より「草の花」が刊行されました。以前、この欄でご紹介いただいた「俳風三麗花」の続編です。

第30回枇杷の会(小石川植物園)の日程決定 
31期湯浅善衛 2011/5/29(日) 23:21:35 No.20110529232135 返信 削除
例年より早い入梅と台風で、慶早戦が順延となり残念です。
皆様お変わりございませんか。

延期となっていた枇杷の会の詳細が決まりました。
根津神社のつつじの盛りが過ぎるので、吟行場所も変更しました。
小石川植物園は東大理学部付属植物園で、アジサイ他四季折々の花々が見事です。

ご参加いただける方は、志木会事務局の竹内様まで、お気軽に
ご一報願います。

         記 

集合日時 7月2日(土)13時
集合場所 小石川植物園正門前 
     (最寄駅:丸ノ内線茗荷谷駅、三田線白山駅
          南北線本駒込駅)
句会会費 1000円 
                    以上        

第30回枇杷の会記念句会延期のお知らせ 
31期湯浅善衛 2011/3/28(月) 21:45:46 No.20110328214546 返信 削除
この度の東日本大震災では、予想以上の犠牲者が出ております。
謹んでお見舞い申し上げます。
さて、枇杷の会では4月23日の日暮里〜根津界隈の吟行を
掲示板でご案内しておりましたが、このような状況のなか、
6月以降に延期することにしました。

一日も早い復興をお祈りいたします。
まだ、寒い日々が続いておりますが、早く春が訪れますように。

東北地方太平洋沖地震義援金  
慶應志木会 2011/3/25(金) 13:13:32 No.20110325131332 返信 削除
このたびの東北地方太平洋沖地震につきまして、慶應義塾、慶應連合三田会、慶應義塾大学全塾協議会は一致して支援に努めることになり、下記の義援金口座を開設しました。

三井住友銀行 三田通支店 普通預金 8243412
口座名:慶應義塾東北地方太平洋沖地震義援金
   (ケイオウギジュクトウホクチホウタイヘイヨウオキジシンギエンキン)

詳細は下記資料を参照下さい
http://www.keio.ac.jp/ja/news/2010/kr7a43000005ezjj.html

第30回枇杷の会記念句会(根津界隈) 
31期湯浅善衛 2011/2/26(土) 15:12:46 No.20110226151246 返信 削除
梅の花もほころび、日に日に春らしくなってきました。
皆様お変わりございませんか。

枇杷の会(志木高OB句会)は30回目を迎えます。
今回は人気スポットの谷根千の吟行を企画しています。

ご存知のように、つい寄りたくなる老舗が多く、さらに
長久院の牡丹や、妙行寺の花梨、根津神社のつつじ等
この時期の見どころも多いので、じっくりコースを練って
います。
以前、歩こう会に参加された方、見学のみの方々も大歓迎
ですので、ご参加いただける方は、志木会事務局の竹内様
まで、お気軽にご一報願います。

         記 

集合日時  4月23日(土)12時
集合場所 JR日暮里駅 北改札口 
     (西日暮里駅方面に近い階段の上)
句会会費 1000円 

句会後、当日参加できるメンバーで軽く打ち上げを行います。
             (会費は別途)

4月7日(木) 舞踏論集「虚無の強度」再版記念会 
岩名雅記 2011/2/26(土) 06:27:33 No.20110226062733 返信 削除
13期生の岩名雅記です。

来る4月7日に私の第二舞踏論集「虚無の強度」再版を記念して私のソロ舞踏(2010年/伊・サルザナ舞踊祭にて)のビディオ上映(約45分)と慶應義塾大学にある土方巽アーカイヴの研究員、森下隆さんとのトークショー「現代舞踏もしくは暗黒舞踏をめぐって」(50分くらい)を行ないます。

論集は実に9年振りの再刊です。まったくメディアには出ていなかったので最初の数年は売れなかった本が近年ヨーロッパを中心に口コミで購買者が増え2年前には売り切れ、今でも私のところへ50人くらいの人から問い合わせがあります。またニューヨークの舞踏フェスティバルからは50部の申し入れがありました。現役の舞踏家が自分の体験から舞踏論を書くということが功を奏したのかなと自分なりに考えています。当然自費出版ですから「本は出したし金はなし」でしばらく躊躇していましたが今回思い切って再版を決めました。

初版のデザイナー村山恵一郎さんも装丁を快く引き受けてくれましたし、印刷屋さんがよくも9年間原盤を保存してくれていたなと感心しています。また志木の朋友の水上宏君が再版のサポートをしてくれました。
今回は2010年までの13点の新しい写真も加えました。当日は限定部数ですが割引販売もします。これまでお買い求めいただけなかったという方は是非この機会にお買い求め下さい。ご来場お待ちしてます。(僕は4/6〜12帰国します)

                  記
2011年4月7日(木曜日)午後7〜9時(打ち上げあり)
明大前キッドアイラックアートホール
(井の頭線明大前下車甲州街道方向徒歩1分)
ご予約とお問い合わせ:03 3372 5564
http://www.kidailack.co.jp
入場料:未定(1000〜2000円)
論集特別価格(先着20名様のみ3500円を2500円に)
なお、第一論集「装束は水」(和文のみ)もトレーシングペーパーカバーで新装販売(2000円)。

論集体裁:A4版、上質+美装紙、162頁(和英バイリンガル)、既存写真26点(一部カラー)+追加写真13点の合計39点、他にダイアグラムなど。
内容:主要論文「モノとしてのヒトー現代舞踏と裸体」、「からだ、踊りー<取り残されたもの>」ほか短論文7、エッセー9、メディアクリップ5、紙評、インタビュー、履歴など。最新舞踏エッセー「私達のおどりについて」も別途挿入。

以上の情報、ご知友への拡散お願いします(2月25日 岩名)。

【20期】 2月16日(水)同期会のご案内 
20期 金子博志 2011/1/20(木) 09:00:08 No.20110120090008 返信 削除
今年もよろしくお願いいたします

恒例になりました同期会を開催させていただきます。
場所は昨年同様六本木です。昨年は卒業40周年の卒業式ご招待もあり60名を超える方々の参加がありました。今年もたくさんの方の参加をお待ちしております。

日時:2月16日(水)18:30〜
場所:DainingBar Dora
   東京都港区六本木7-17-16 米久ビル2F
   TEL:03-3403-8666   地下鉄六本木駅 徒歩1分
   店はB1Fですがパーティルームは2階です
会費:7,000円

出欠を2月5日までに 志木会事務局経由 info@keio-shikikai.jp で木原君、金子 までご連絡下さい。
案内はメールのみで行っております。同期の方で案内が届いていない方がいらっしゃいましたら転送、伝達をお願いいたします。

よろしくお願いいたします。

慶應志木高等学校スキー部OB会 後藤元教諭平成22年秋の叙勲授賞お祝いの会 
慶応志木高校スキー部OB会事務局 2011/1/6(木) 09:08:38 No.20110120004427 返信 削除
●日時:2/11(金・祝)  18:00〜

●飲食代:8,000円(当日お持ちください)

●場所:八重洲富士屋ホテル
〒104-0028
東京都中央区八重洲 2-9-1
TEL 03(3273)2111 (代)
FAX 03(3273)2180

●お問い合わせ
慶応志木高校スキー部OB会事務局 keioshiki-ski-admin@yahoogroups.jp

慶應志木会事務局 info@keio-shikikai.jp

1.  神田 静二     2011/1/20(木) 00:44:27 No.20110120004427-1 削除
OB1期か2期の神田静二と申します。
後藤先生の叙勲のお祝いがあるそうですね、予定を確認してお返事いたします。

【訃報】山田忠雄元教諭逝去 
志木会事務局 2011/1/3(月) 07:10:32 No.20110103071032 返信 削除
山田忠雄元教諭(社会科)が1月1日逝去されました

通夜、告別式の日程は以下の通りです

通 夜 1月6日(木)18時〜
告別式 1月7日(金)10時〜

下高井戸 永福寺会館  03-3323-5301
東京都杉並区永福1丁目25−18

28期 大舘 信君より連絡いただきました
謹んで哀悼の意をささげ、お知らせさせていただきます。

第29回枇杷の会(桜ケ丘公園句会)報告 
31期湯浅善衛 2010/12/5(日) 00:49:36 No.20101205004936 返信 削除
74,439バイト
第29回枇杷の会(多摩・桜ケ丘公園句会)報告

本日12月4日に多摩丘陵の「都立桜ケ丘公園」を吟行しました。
昨日の暴風雨で落葉が積もり、ケヤキも枯木になっておりました。
紅葉はちょうど見納めで、家族連れも来ていました。
園内の小高い丘には、旧多摩聖跡記念館があり、幕末の志士達の書画等も展示されています。
明治天皇が、この丘や多摩川にうさぎ狩りや鮎漁のため、数回訪れたのを記念して建てられたそうです。
丘というよりは山を歩く感じで、小春日の良い運動になりました。
それでは当日の選句をご紹介します。

<英主宰の御選句> 
仄かなる落葉の香り踏みしめて    孝治
駅前のチンドン屋までクリスマス   啓司
枯葉踏む向かうの丘に日の当たる   紘二
落葉径突と無口になりにけり     祐之
欅より枯木となりぬ雑木山      祐之
どっぷりと里の紅葉に浸りけり    孝治
紅葉の丘からはるか副都心      啓司
源平の山茶花によく日の当り     紘二
ホームまで張り出す柿の熟れにけり  祐之
冬日向家族四人を包みけり      孝治
知恵の矢の降って来さうな冬木立   紘二
防火槽の蓋に散らばる柞の実     祐之
晴れわたる多摩の横山山粧ふ     紘二
落ち立ての落葉の反ってゐたりけり  祐之
小春日や明治の帝顔長し       紘二
紅葉濃き多摩丘陵に抱かるる     善兵衛
冬の日や若き元勲皆能書       紘二
橋三つ見ゆる多摩川冬日和      啓司

<英主宰の作品> 
 登り来し御褒美の冬紅葉かな
枯芝に丸きわが影老いたりな
朴落葉あればぐるりと空仰ぎ
落葉灘に朴の幾舟浮かべたり
新雪に踏み込むごとし落葉蹴る
丘を辿り富士を望めば日短
スケートのやうに爪先落葉蹴る

次回吟行は、来年4月頃を予定しています。
場所と日程が決まり次第、連絡いたしますので、お楽しみに。
吟行を重ねて、皆さんの句もさらに磨かれてきたと感じました。
今後も英主宰のもと、この句会を続けてまいりますので、
さらに多くの方のご参加をお待ちしております。                            以上  


[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ]  次へ

管理〔0〕 MiniBBS